環境情報

環境方針

日本精鉱株式会社 環境方針 2019年度

基本認識

地球環境問題は、その影響が地球規模の広がりを持つとともに、次世代以降にも及ぶ深刻な問題である。当社は、地球環境問題を経営上の重要課題の一つとして位置づけ、経営者および社員の環境意識の高揚を図り、あらゆる活動を通じて地球環境の保全と環境問題の改善に努め、次の世代に豊かな地球を引き継ぐことを目指す。

行動指針

1. 自然生態系への配慮

国内外におけるさまざまな事業活動を展開するにあたっては、自然生態系への影響に配慮する。

2. 環境負荷の低減

地球温暖化、オゾン層破壊、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、振動、悪臭などの環境問題の改善に努め、環境影響のある物質管理を通じて環境負荷低減に貢献する。

3. 廃棄物の削減、リサイクルの促進

廃棄物の発生を減少させ、発生した廃棄物は可能な限りリサイクルし、最終処分場に埋め立てる廃棄物の量を削減する。

4. 省資源、省エネルギーの促進

枯渇が懸念される資源の消費を削減し、化石燃料や電力などのエネルギー使用の削減を行う。特に、二酸化炭素の発生抑制のため、使用するエネルギーの削減に取り組む。

5. グリーン調達の促進

物品やサービスの調達にあたっては、環境問題を考慮して選択する。

6. 環境関連諸法規等の遵守

環境関連法規や条例を遵守する。また、グループメンバー各社が受け入れを同意した環境関連の取り決めがある場合は、各々それを遵守する。

7. 環境管理体制の充実

環境管理体制を整備し、全役職員が地球環境問題への深い認識を持ち環境に配慮した企業活動を進めるよう啓発活動を行い、地球環境保全活動の一層の充実を図り、環境マネジメントシステムの継続的改善に努める。

2019年3月1日
代表取締役社長 渡邉 理史