会社案内

会社沿革

昭和10(1935)年6月 中瀬鉱業(株)設立(本社大阪)・資本金3百万円
昭和11(1936)年2月 天美鉱業(株)を吸収合併、社名を日本精鉱(株)と改称・資本金8百万円
昭和11年(1936)12月 本社を東京に移転
昭和17年(1942)5月 アンチモン低品位鉱の優先浮遊選鉱に成功
昭和18年(1943)4月 (金鉱業整備実施)中瀬鉱山アンチモン重要鉱山に指定
昭和18年(1943)12月 中瀬鉱山、重要鉱物増産法に基づき三菱鉱業(株)へ経営を委任
昭和21年(1946)8月 終戦により委任解除
昭和21年(1946)12月 資本金4百万円に減資
昭和23年(1948)10月 中瀬にアンチモン製錬所竣工・三酸化アンチモン及び金属アンチモンの販売開始
昭和24年(1949)4月 資本金3千万円に増資
昭和24年(1949)9月 東京証券取引所市場第二部へ株式上場
昭和24年(1949)10月 資本金1億円に増資・大阪証券取引所市場第二部へ株式上場
昭和27年(1952)11月 海外アンチモン原料鉱石の導入を開始
昭和28年(1953)4月 三酸化アンチモン出荷量国内第一位の地位を確立
昭和30年(1955)1月 三酸化アンチモン触媒グレードを開発
昭和32年(1957)11月 資本金1億4千9百万円に増資
昭和35年(1960)4月 金属アンチモン製錬において業界唯一のJIS表示認可工場の指定
昭和39年(1964)10月 吹田アンチモニー工業(株)(旧日比野金属工業)を吸収合併・資本金1億7千5百万円
昭和43年(1968)10月 原料鉱石を全面的に海外高品位鉱の輸入に切り替え
昭和44年(1969)10月 鉱山部門の閉鎖
昭和47年(1972)12月 資本金2億7千2百万円に増資
昭和48年(1973)8月 資本金4億円に増資
昭和51年(1976)12月 中瀬鉱業所、排煙脱硫装置・ペレタイザー造粒設備新設
昭和52年(1977)11月 資本金4億4千万円に増資
昭和52年(1977)12月 中瀬鉱業所、原料鉱石前処理設備完成
昭和53年(1978)1月 資本金5億6百万円に増資
昭和57年(1982)10月 アンチモン商品名を改訂、主力の三酸化アンチモンをATOX及びPATOXとする。PATOX−L及びPATOX−Uの新製品を開発、販売開始
昭和60年(1985)6月 中瀬製錬所、大型還元炉設備完成・会社創立50周年
昭和61年(1986)4月 同所、大型揮発炉設備完成
昭和63年(1988)10月 資本金10億1千8百万円に増資
平成2年(1990)5月 無償株式 379,500株発行 発行済株式総数 13,029,500株
平成3年(1991)9月 中瀬製錬所、転炉系製品自動包装設備・製品自動倉庫完成
平成4年(1992)3月 同所、粉体2次加工設備完成
平成8年(1996)8月 同所、アンチモン鉱石から金属アンチモンへ原料転換
平成8年(1996)10月 同所、粉体加工工場新築・粗粒製品製造設備新設
平成9年(1997)3月 同所、総合事務棟新築
平成10年(1998)8月 同所、分析棟新築
平成12年(2000)1月 同所、メタル炉系荷造設備新設
平成12年(2000)3月 ISO14001認証取得
平成12年(2000)8月 日本アトマイズ加工(株)(千葉県野田市)の発行済株式の55%を取得し、子会社化
平成15年(2003)6月 ISO9001認証取得
平成15年(2003)6月 住友金属鉱山(株)より酸化アンチモンの営業権取得
平成16年(2004)6月 超高純度三酸化アンチモン製造装置完成
平成20年(2008)6月 日本アトマイズ加工(株)を完全子会社化
平成21年(2009)7月 中瀬製錬所、技術棟新築
平成24年(2012)4月 日本アトマイズ加工(株)つくば工場竣工
平成25年(2013)10月 日銻精礦(上海)商貿有限公司営業開始