環境情報

環境への取り組み

1. 「アンチモン環境安全対策協議会」の設立

アンチモンのヒト健康及び環境安全性に対する意識の高まりを受けて、アンチモン製品に関する科学情報の収集、調査、研究及びそれらの普及・啓蒙に付随する活動を通じて、アンチモン生産者の健全なる発展を図ることを目的に、1998年11月に日本鉱業協会アンチモン部会の下部組織としアンチモン環境安全対策協議会を設立しました。

2. 「国際アンチモン協会」(i2a:International Antimony Association) の設立

2008年にREACHの要請に対応するため、三酸化アンチモン以外のアンチモン化合物に対象範囲を拡大させ、「国際酸化アンチモン協会」は、「国際アンチモン協会」(i2a)に名称が変更されました。アンチモン化合物の環境影響、健康、安全に関する研究を実施し、それらの研究内容に関する情報を提供し、共有し、安全性と恩恵に関する情報を発信しています。事務局はベルギーのブリュッセルに置かれています。
当社は2016年末で国際アンチモン協会を退会しました。

国際アンチモン協会情報

ファクトシート

i2a News(国際アンチモン協会ニュースレター)

IAOIA News(国際酸化アンチモン協会ニュースレター)

参考情報